POND'S

MENU

ポンズの歴史・年表

168年の歴史が語る美の変遷、そしてこれから

製品ヒストリー|年代|広告ヒストリー

1846年

歴史はここから始まった

アメリカのセロン・T・ポンズ氏が、インディアンに古くから伝わる魔法のハシバミ“ウィッチ・ヘーゼル”の抽出液から独自の製法で美容液を開発したのが歴史の始まりです。

1874年

世界初のスキンケア広告を発表

「ポンズ エクストラクト」の評判が高まると同時に、会社も成長期に入り、1873年にはポンズの最初の事務所がニューヨークに開設。 そして1874年、世界初であろう、スキンケアの広告を発表しました。

1907年

「ポンズ コールドクリーム」の誕生

コールドクリームの原型となるような製品はこれまでにも存在していましたが、変質・分離しやすいので常に氷の上に置く必要があり、上流階級の女性たちしか使うことができませんでした。 そこですべての女性のためにと「ポンズ エクストラクト」の改良を重ね、ついに「ポンズ コールドクリーム」が誕生しました。

1919年

女性誌にカラー広告を掲載

女性誌に初めてカラー広告を掲載、その2年後には日本での販売もスタート。世界中の女性が、自由をもたらしたアメリカの流行を追いかけるようになり、ポンズも新たな発展を遂げます。

1957年

「ポンズ コールドクリーム」が日本でヒット

戦後の日本は急速に近代化。女性たちのファッションやスタイルが開花していきます。CMの影響で200円の「ポンズ コールドクリーム」小瓶が普及。当時の高卒初任給は、一流企業で約7000円でした。

米国版テレビCMでポンズが普及

ポンズ日本支社であるチーズブローポンズ・ ジャパン設立。“女性の生き方とその美しさ”をテーマにした米国版テレビCMを放映し、コールドクリームといえばポンズといわれるほど普及しました。

1963年

日本人初のモデルは朝丘雪路さん

基礎化粧品市場の成長に伴い、ポンズは日本独自の広告制作を始めます。日本人で初めてポンズのテレビCMに登場したのは朝丘雪路さん、次いで淡路恵子さんが登場しました。

1983年

前田美波里さんの「今、私はポンズ」

前田美波里さんがテレビCMのキャラクターを務めた「今、私はポンズ」が、全化粧品CM中で、好感度第1位となりました。

1992年

「ポンズ ウォッシャブルコールドクリーム」が登場

コールドクリームの優れたクレンジング力に、洗い流しタイプの簡便性、さっぱりとした使用感が加わった「ポンズ ウォッシャブルコールドクリーム」を発売。

2006年

美容エッセンス(*)配合のクリームクレンジング発売

製品中40%美容エッセンス*配合のクリームクレンジングを発売。

*肌を整える成分

2012年

肌ハリ成分CLA4(**)配合「ポンズ エイジビューティークレンジングシリーズ」登場

“エイジングに対応できるクレンジングを”という発想から「エイジビューティークレンジングシリーズ」を発売。女性の憧れの肌である「ふっくらとしたハリ感」をサポートします。

**セタノール、リノール酸誘導体、アセタミドMEA、乳酸誘導体

2014年

お風呂で落とせる新ポンズ。ポンズ フレッシュクリームクレンジング誕生

メイクを素早く溶かしこんで落とすクリアミネラルオイル(洗浄成分)をたっぷり配合。
ぬれた手でも毛穴の奥のファンデーションまでしっかり落とせる、お風呂場でも使いやすいポンプタイプの「ポンズ フレッシュ クリームクレンジングシリーズ」を発売。

ページ先頭へ